妊娠中に葉酸を手軽にとれる食品

葉酸とはビタミンB群の一種です。

 

では、体に対してはどのよう役割を果たしているのかと言うと、まずは造血作用が挙げられます。
これは血液のもとである赤血球の合成作用があると言うことです。

 

それから遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成にも、葉酸は必要不可欠な存在です。
また体を構成しているタンパク質の生成やその促進、皮膚や口腔粘膜の強化にもその作用を及ぼします。

 

つまり葉酸は、健康的な体作りには欠かすことができない、非常に大きな役割を果たしている成分です。

 

だからこそ老若男女、全ての人に対して必要な成分と言えるわけですが、
その中でも特に必要性が高いのが妊娠を意識している女性や、妊娠中の女性です。

 

葉酸は国によっても推奨されている

 

妊娠中は葉酸が必要と言うのは、国によっても推奨されていることです。

 

これは何故かと言うと、葉酸の役割上、妊婦である女性の健康に対しては勿論のこと、
胎児の健康、健やかな体作りにも必要なためです。

 

 

妊娠中の葉酸摂取量が不足すると、胎児の先天性神経障害の発症リスクが高くなることも明らかにされているので、妊娠中は特に意識して葉酸を摂取しなければならないと言うわけです。

 

妊娠中に葉酸を手軽にとれる食品とは?

 

葉酸 食品と言うキーワードで調べてみると、葉物野菜、ホウレンソウやモロヘイヤ、また納豆や焼き海苔などに豊富に含まれている成分だと言うことがわかります。

 

また葉物野菜以外では、カボチャや枝豆などにも多く含まれていますから、
妊娠中,葉酸,食品
野菜をあまり食べない、また外食が多いと言う人は要注意です。

 

胎児の正常な発育のためには、上記のような野菜を中心として、栄養バランスの良い食事を摂取するように心がけるのが望ましいです。

 

ただし食品に含まれている葉酸の量は、妊婦に摂取が推奨されている量には及びません。
つまり食品からだけで推奨摂取量を満たそうと言うのは、非常に難しいと言うことです。

 

ですから妊娠中においては、葉酸サプリの併用が推奨されます。

 

食品だけでは足りない部分を補うことを目的として、葉酸サプリを使用すれば効率よく葉酸摂取が叶います。

 

葉酸サプリの選び方としては、妊娠を意識している、または妊娠中においては、まずは不要な添加物が使用されていないものを選ぶと、安全性を実現できます。

 

また合成葉酸か天然葉酸かで迷うかもしれませんが、合成葉酸の方が吸収率は高いので、摂取量が必要な時期はこちらを選ぶと良いです。
合成葉酸であっても、不要な添加物を使用していない限りは、その安全性に関しての心配はほぼ不要です。
また過剰摂取を防ぐ際にも、サプリメントを利用する際は飲む量を守る必要があります。

 

 

http://www.laencartada.com/